レーシックは危険性はないか?安全なのか?

レーシック(LASIK)は、メガネもコンタクトレンズも必要がなくなる、画期的で安全な視力回復方法です。レーザーを使って、レンズである角膜の形を矯正し、網膜に正確な像を映し出せるように調整する先端医療技術です。全米ではレーシック実績が年間130万件を超えており、日本でも2008年末までに累計55万人以上がレーシックを受けています。

失明の心配は?

目はデリケートな部位だけに、「痛そう」「危険はないの?」という不安もあるでしょうが、レーシックは非常に安全性の高い視力回復手術です。失明の危険を心配する方もいますが、角膜の表面だけが対象で、眼球内部には触らないので、その危険はまったくありません。

手術時間は両眼でおよそ10分しかかかりません。そのうちレーザーをあてる時間は、個人差はありますが、約数10秒と一瞬です。手術中・手術後の痛みもほとんどありません。手術後10~20分ほど休憩したら帰宅でき、入院の必要もありません。

合併症の可能性は?

術後、「異物感・しみる感じ・痛み」「ぼやける・見えにくい」「夜間の見え方・にじみ」「ドライアイ」「白目の出血」といった、合併症の可能性はゼロではありませんが、そのほとんどが短期間で解消・改善されます。

ただし45歳以上で老視があると、今までよりも近くが見えにくくなる場合はあります。こうした合併症は個人差も大きいので、事前のカウンセリングやアフターケアが万全の病院を選ぶ必要があります。

医院選びの注意点

安心・安全なレーシック手術のために最も重要なのは、どこで受けるか。事前のカウンセリングやアフターケアが不十分な病院は危険です。料金体系が不明な病院も避けましょう。医師・スタッフともに、技術力と豊富な経験があり、万が一の場合にも確実に対応できる安全な病院を選ぶことが重要です。

あわせて読みたい記事

アイレーシックを勧める訳

アイレーシック(iLASIK)の「i」は「私」、つまり一人ひとりの眼に合わせて、カスタムメイドで治療する次世代のレーシック技術です。アメリカ国立航空宇宙局(NASA)もその高い安全性、高品質の視力回復の点から...

レーシックの手術費用(術式別料金)

神戸神奈川アイクリニックでは、あらかじめ適応検査によって眼の状態やライフスタイルを把握し、それに合わせて、1人ひとりに最適な術式を提案します。以下、代表的な術式をご紹介します。「アイレーシック」は、すべてをカスタムメイドで治療する術式です。...

神戸神奈川アイクリニックで割引を適応させるには?

神戸神奈川アイクリニックでは、遠方の方でも安心してレーシック手術を受けられるよう、期間限定で「遠方サポート」という割引を行っています。これは、アイレーシックやカスタムビュー、レーシック、エピレーシック、ピーアールケー、フェイキックを対象として...

このページの先頭へ